ワキガ手術 皮膚科 治療

ワキガや汗の臭いが心配なら皮膚科で診察・治療・手術がおすすめ

夏になると汗の臭いやワキガが気になってきます。人のワキガを我慢するのもつらいですが、ほかの方、取引先や友人・恋人や家族に不快な思いをさせるのも同じくらい嫌、という人も多いですよね。

脇の下などのアポクリン腺の汗は汗自体に臭い成分があり、さらに細菌などで分解されることで臭いが強まります。現在日本で市販されている制汗剤などは、ほとんどが汗を抑えるのではなく、殺菌作用で汗が出た後の分解を抑えているだけなので、根本的なワキガや多汗症の治療には皮膚科での正しい診断や治療が必要です。

海南医療センター

Pocket

海南市の皮膚科、海南医療センターの紹介

和歌山県海南市の皮膚科、海南医療センターの所在地や地図、問い合わせ電話番号などを掲載しています。

ご存知ですか?腋臭症の手術には
いろいろな方法があり、【切らない方法】もあることを・・

わきが治療のことも気になりますよね。

「ワキガの臭い、やっぱり気になるので、和歌山県の病院でワキガ手術を受けてみよう」という人が増えています。

でも、ワキガ手術の前に和歌山県海南市の皮膚科、 海南医療センターでしっかりと腋臭症の診断を受けておきましょう。

実際の取り扱いは和歌山県の皮膚科や美容外科でもさまざまですが、ワキガ治療には健康保険の適用が可能です。ワキガ・腋臭症への健康保険適用状況は、事前に近くの海南市でおすすめの皮膚科、海南医療センターに電話(073-482-4521)して確認しておくのがおすすめです。

アルコール消毒や制汗剤、ボトックス注射など、腋臭症の保存療法なら、近くの海南医療センターのような海南市の皮膚科でも対応してくれますが、ワキガ手術となると、多くは切開手術ですので、対応できなかったり(その場合は対応できる病院へ紹介状を書いてもらいましょう)、かなり事前からの診察・予約が必要だったり、海南市の皮膚科医師によっては「アトピーや乾癬、水虫などいわゆる(生活に支障のある)病気」でない場合には、あまり積極的に対応してくれないこともあります。

一方で、いわゆる美容外科・美容皮膚科でなくても、「患者さんが生き生きと元気になってくれるなら」とボトックス注射やプラセンタ注射などと一緒に、和歌山県でもワキガや多汗症の治療に積極的な皮膚科というのも増えてきています。ワキガ・腋臭症への取り組みも、事前に海南医療センターに確認しておくと、診察~診断~治療・手術までスムーズになります。

海南医療センターの地図はこちら
皮膚科名 海南医療センター
所在地 〒642-0002
海南市 日方1522−1
所在地(ひらがな) かいなんし ひかた
電話番号 073-482-4521
市区町村名 海南市
町域以下 日方1522−1

ご存知ですか?腋臭症の手術には
いろいろな方法があり、【切らない方法】もあることを・・


ご存知ですか?腋臭症の手術には
いろいろな方法があり、切らない方法もあることを・・